HOME>整理加工

  • 手湯のし仕上げ
  • 一次加工(反物)

手湯のし仕上げ

水処理された着物を蒸気の力で元の状態に戻したときにドライクリーニングだけでは得られないハリと艶がよみがえってきます

ドライクリーニングだけ施した着物ですと、たいした縮みもなく仕上げは容易なのですが、水を使用した汗抜きなどをおこないますと生地の縮みがきつく仕上げ作業は非常に優れた熟練の技術を必要といたします。
長年保管されたままでシワになったり、縮んでしまった着物にはお勧めです。

  • 料金
  • お問い合わせ

手湯のし仕上げ

一次加工とは、仮絵羽筋消し・湯のし・湯通し(地入れ)・巾だしなどです。お着物に応じて作業します。これを行わないと仕立てた後、大きな寸法の狂いが生じたりします。

湯のし
着物の仕立ての前工程として蒸気を用いて長さや
幅を整えるために生地を伸ばします。
生地のシワを伸ばすだけではなく、
発色をよくし、風合いを柔軟にし、
光沢を与えるなどの作用もあります。

まずは湯のしを行い、反物を整え、その後
お仕立てという段取りになります。
色止め
色止めは汗をかいたり、突然の通り雨などで藍染めや
浴衣の染料が体に付いたりするのを防ぐための加工です。
※完全に色が止まるという訳ではなく
色を出しにくくする加工です。
本湯通し
先染め(紬など糸を先に染めてから
織り上げたもの)の反物に施す加工です。
「地入れ」ともいい、文字通り反物を
湯に通すことをいいます。
湯に通して反物から糊を落とします。
紬は、染めた糸を糊で固めてから
織り上げるので、出来上がった反物には
糊が付いています。この糊を落さないと
後々カビや変色の原因となります。
あわせて反物の巾や長さを整えます。
その後お仕立てという段取りになります。
巾出し
巾だしは、湯のしと合わせて一緒に作業を致します。
(湯のしをしながら 生地巾を一定に
(巾出し)致します。)

やけ直し

京都屋FACEBOOK

カレンダー

10月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

 

11月

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

 

 定休日

  • キャンペーン詳細は下のPDFアイコンか
    画像アイコンをクリックすると掲載されています。
    PDFを印刷するか画像を保存してお越し下さい
  • 印刷用PDF
  • 画像保存
facebookキャンペーン